筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

F I A スピリットで、皆さん元気に・・・

F I A (Feeling Imaginaition Action) は1972年~94年に高円寺駅前にあった
英会話学校の名前。オーナーは”詔ちゃん”こと金子詔一さん
彼が作詞作曲した ”今日の日はさようなら”・・・”いつまでも 絶えることなく 友達でいよう・・”はある年代から上の人にとっては懐かしいと思います。
2番の”空を飛ぶ 鳥のように 自由に生きる・・”は、当時大学生だった金子さんがドイツに行き、ベルリンの壁の上を飛び交う鳥を見て、作った詞だそうです。
c0193425_125719.jpg
そのFIAの同窓会が先日ありました。
金子さんは大変ユニークな方で、
FIAに集まった生徒たちも個性
豊かな人ばかり。今でも長~い
つき合いが続いています。
72年から今まで、多くのカップルが
誕生。生徒とトレーナー(先生のことを
こう呼んでいた)・生徒同士・トレーナー同士と。
私は1988年に高円寺の分校の
裾野校(静岡)に通い、夫と知り合いました。
c0193425_13465650.jpg
夫は英会話教師として、初めて
日本での仕事が見つかり来日。
私達夫婦にとって、金子さんは”恩人”
高円寺校は今はありませんが、
FIAは裾野に本部があり、企業に
英会話教師を派遣。また外国でも
”アドベンチャー・スクール”
やっていて、アイデアマン金子さんはお元気そのもの。

写真はKさんのお宅で、12人の人が集まりました。
Kさんがいつもいろいろ取りまとめてくださって、この集まりも続いています。
FIAで英語を習い、今も英語を使って仕事をされている方が多くいます。来日21年の夫、
日本語がほぼ完璧で「言葉は生徒の努力が大切!」と。ますます日本語がうまくなる夫に
比べ、英語がいっこうに上達しないのが悩みの私にとって、耳の痛い言葉です。
私が金子さんにFIAについて書きたいですが・・とメールを送ったところ
厳しい時代だから ますます FIAスピリットで、
皆さん元気にやりましょう! S. K.”
とエールが送られました。
[PR]
by keikonowak | 2009-02-20 14:17