筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

十年一昔

先週24日は、私達の結婚10周年でした。
5周年の時ハワイに行きましたが、母を一人置くわけには行かず、今回は旅行は断念。
夫は休みを取り、この10年を振り返りながら、家でのんびり過ごすことにしました。

まず私達が神様に守られ、多くの祝福を与えられた10年間だったことを感謝しました。
公園を散歩し、部屋を掃除し、結婚式のアルバムを見たり・・・。

結婚パーティーを池袋のメトロポリタンホテルでし、100人以上の方に来ていただきました。
アルバムを見ると・・・悲しいことですが、亡くなった方も何人かいらっしゃいます。
当時独身だったけれど結婚した人が10人ちょっと。
    その中にお父さん・お母さんになった人も何人も。
ナイジェリア人の友人は、結婚15年後に子供に恵まれ、
最近「日本国籍を取得しました」といううれしいニュースをもらいました。

十年一昔とよく言いますが、世の中の移り変わりとともに、
一人一人の人生にもいろいろなことがあったと思います。

聖書の言葉を思い出します。
   「人はみな草のようで、
     その栄えは、みな草の花のようだ。
    草はしおれ、花は散る。
 しかし主のことばは、とこしえに変わることがない」 
  
                  (ペテロの手紙 第一 1章24・25節)
神様だけは永遠に変わらない真実なお方。
これからの10年もまた神様だけに寄り頼み、従い、一日一日を歩んで行きたいと思います。

アメリカでは記念日をとても大事にします。結婚10周年というと、若いカップルは
子育てで一番大変な時期。日本ではお祝いどころではない夫婦が多いと思います。
アメリカでは違い、夫の両親は10周年にニューヨークへ小旅行をしたそうです。
夫は9歳、下に妹と弟が・・・・でもおばあちゃんがその間来て、世話をしてくれたそうです。

私たちは夜、飯田橋にあるフランス料理のお店に行きました。
ただいろいろハプニングがあり、空腹で40分ぐらい歩く羽目に・・・そこにワインを。
いつもより酔いが回ってしまい、家に帰るや否やバタンキューでした。
初めて行ったお店でしたが、とても気に入り、こんどランチの時間に行ってみたいです。
[PR]
by keikonowak | 2011-02-27 22:47