筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

東日本巨大地震

東日本巨大地震、ちょうど家にいました。本棚など家具が大揺れで動くこともできず、
母も廊下を這ってきたので、二人で揺れがおさまるまでテーブルの下にもぐっていました。

うちの被害は食器棚の中のコップがいくつか割れたくらいで済みました。うちは14階建ての
5階ですが、上の方は食器がたくさん割れてしまったなど被害が大きかったそうです。
夫の職場ではたくさんのパソコンが倒れ、壊れてしまったそうです。
東京は震度5強で、こんなひどい揺れは初めての経験でした。

都内の交通は全て止まり、職場や学校に泊まった人もかなりいたそうです。
夫は10時半ごろ帰宅、4時間近く歩いたそうです。

被災地の様子がテレビで放映され胸が痛みます。亡くなった人、行方不明者、
  また避難生活を強いられている方たち・・・一瞬にして全てを奪われてしまいました。

今回の地震で教訓がいくつか・・・
  人から 「避難場所はどこですか? そういう時は放送か何かあるんですか?」と
     聞かれ、情けないことに答えられませんでした。
 避難場所を確認しておくこと。
   *うちの場合は近くの学校ですが、広くて門がどこにあるかわからず、今日確認しました。
   *建物の外に出ない方が安全、もし建物が壊れ危険な場合、避難場所に移動する。
   *放送などはないので、自分で判断するとのこと。
② 家の中で・・・
   *ガスを使っている場合、火を消すこと
   *ドアとベランダの窓を開ける
         (開かなくなって出られなくなる恐れがあるので)
   *安全な場所(テーブルの下など)にいる。
   *避難する場合は、電気のブレーカーを切ってから出る
③ 外出している時・・・・
   *落下物などがあるかもしれないので、本当は建物の中にいた方が安全かもしれません。
   *歩いて帰る場合もあるので、東京のおおまかな地図を確かめる。
他に何かアドバイスがあったら教えてください。

大きな揺れはないものの、余震があり、まだまだ不安です。
大自然の猛威に対し、人間は何と弱いものか・・・・。次の聖書の言葉を思い出します。
「主を恐れることは知識の初めである。」(箴言1:9)
一瞬にして全てを失うかもしれない危うい綱の上で生きているような人間。
私は今は普通の生活ができていますが、
毎日命が与えられている・・・・これこそ神様の大きな恵みだと思い感謝します。

行方不明の方が一刻も早く救出され、被災者の安全が守られることを祈るばかりです。
[PR]
by keikonowak | 2011-03-12 23:53