筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

第2回再臨待望聖会

昨日よみうりホールで開かれた 
  再臨待望(さいりんたいぼう)聖会に参加しました。

主催は中川健一牧師
24年間ハーベストタイムというテレビ伝道をされてきました。
 講師はノアム・ヘンドレン先生(イスラエル聖書大学教授)
聞き慣れない言葉 再臨・・・十字架の上で地上生涯を終え、
   3日目に復活したイエス・キリストが、再びこの地上に来られ、
   神の国をつくられるということが預言されています。
     それによって神様の人類救済計画が成就します。

その再臨を待ち望む聖会、第1回が去年4月にあり、今回は2回目。
3月16日に沖縄で350人、18日に大阪で450人、昨日の東京で550人
       ・・・計1350人が参加。
(実は第1回の時は会場が狭かったため、いっぱいで私は入れませんでした。)

今回は11日の地震のあとで、日本中が混乱している時期、
多くの行事がキャンセルとなっている中で、この聖会は予定通り開かれました。
始める前に、特に被災者のため、原発事故の復旧のために皆で祈りました。
最後に集められた献金の半分を被災者のための義援金に。

最後に中川先生がまとめとしておっしゃったことは・・・今回の地震で世界中の人が
  リアルタイムで日本のことをキャッチし、日本は今世界中から注目されている。
 
 この日本が今世界に発信しようとしていること・・・
人間の無力さ
   自然界は人間の想定を遥かに超えている。
   日本は安全な国として、日本の原発情勢は世界から注目されていた。
   しかし技術に対する過信、人間の傲慢さを改めて思い知らされました。

死の現実   一度にこれだけ多くの人の命が奪われてしまったという現実。

生きていくためには希望が必要 
    まことの希望はイエス・キリストの福音
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
行方不明者の救出作業、命がけで行われている原発の修復作業、どうか成功しますように・・・
被災者が希望を失うことなく、もう一度立ち上がり、日本が復興してくれることを祈ります。

今回の地震で多くの人が何かできたら・・・・とその気持ちが、ボランティアとして、義援金として
また励ましのエールとして集まっています。それも希望を与えてくれます。
今世界から注目されている日本の動向が世界にも希望を与えられますように・・・。
私達クリスチャンも、再臨の前に1人でも多くの人が救われるように、
   まことの希望はイエス・キリストにあるという福音を伝えていかなければなりません
[PR]
by keikonowak | 2011-03-22 23:56