筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏の代表的な木・・サルスベリ猿も落ちるくらいツルツルした木の幹からその名前が。
ピンクの小さい花がとてもかわいらしく、好きな木の一つです。
100日間花が咲き続けると言われ、百日紅(ひゃくじつこう)の別名も。
昔はあまり気がつきませんでしたが、最近はよく見ます。
私が初めてサルスベリを意識したのは星野富弘さんの詩から。
富弘さんは群馬の中学の体育教師になり、クラブ活動指導中転落し、頚髄損傷。
入院中、口に筆をくわえ、詩と絵を描き始める。
c0193425_11112278.jpg
各地で詩画展が開かれ、また故郷の
東村(現在みどり市・群馬県)に
富弘美術館オープン。数多くの本を出版。 私は詩と絵が描かれた絵葉書が好きで、友達にもよく送っています。その中で一番好きな詩がこれ。

今日も一つ
悲しいことがあった
今日もまた一つ
うれしいことがあった
c0193425_11142617.jpg

笑ったり 泣いたり
望んだり あきらめたり
にくんだり 愛したり
・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして これらの一つ一つを
柔らかく 包んでくれた
数え切れないほど沢山の

平凡なことがあった

絵葉書にこの詩と一緒に描かれている花が日々草(にちにちそう)で、
絵葉書にはちゃんとその名前が記されています。
でも私はどういうわけかそれをサルスベリと同じだと勘違いしてしまいました。
(日々草が、サルスベリの別名百日紅と名前が似ている? 
絵葉書に描かれている日々草の花がサルスベリに何か似ている?) 

この詩が大好きなので、サルスベリを初めて見た時、「これこそ富弘さんの詩の木!!」と。                  
サルスベリ・百日紅・日々草と、ずいぶんたくさん名前がある木だなあと、ずっと思っていました。

今回ブログを書くために調べたら、絵葉書の絵は確かに日々草で
サルスベリとは別の花だと初めてわかりました。それにしても思い込みって、すごいですね。
でも勘違いのおかげで、サルスベリが好きになり、毎年夏が楽しみです。
[PR]
by keikonowak | 2009-08-25 13:00

8月15日

10日(月曜)、TBSドラマ最後の赤紙配達人を見た。
戦時中、軍への召集命令を知らせた「赤紙」を本人に配達、また戦死者の家族へ
の悲報の連絡などが任務の兵事係。その任務に携わっていた実在の
西邑仁平(にしむらにへい)氏が主人公のドラマ。(吉岡秀隆が好演)

戦局の悪化と共に、戦死者が増加、しかし「おめでとうございます」と言って、赤紙を
渡す自分の仕事に疑問をもつようになった彼。敗戦直後、軍から徴兵に関する書類を
全部焼却するように命令されたが、書類を密かに家に隠した。
その貴重な資料が昨年発見され、それにより滋賀県大郷(おおさと)村から出征していった
人々がどんな運命をたどったかがわかり、それをもとにドラマとドキュメンタリーで描いたもの。

番組の最後に100歳を越えられなおご健在の西邑氏ご本人が出演。
戦争がいかにばかげた行為であるかを証ししたいという思いで隠したと語っておられた。(危険を覚悟で非常に勇気ある行動だったと思う。)
戦争体験者が少なくなり、記憶が薄れ、語り部が減っていく。
後世に伝えていかなくてはならない。知ることはくり返さぬ
こと・・・と。
c0193425_184866.jpg
出征者を囲んだ家族親せきの写真・・
私の両親の昔のアルバムにあった
のを思い出した。父方・母方それぞれ
伯父がシベリアと中国で戦死した。
日本中に命の数だけ物語があった。

昨年秋、夫の友人のポーランド人親子
が初来日。日本のどこを一番見たいか
の質問に真っ先に「広島!」の返事。
c0193425_1105019.jpg
ポーランドはロシアとドイツにはさまれ、戦争のたびに占領され、またアウシュビッツもあり、平和に対して特に強い思いがあるのでしょう。
夫は20年前に一度広島へ、私は広島に行きたいとずっと思いながら、機会がなかったので、初めてでした。原爆の悲惨さを目の当たりにしました。
今も核兵器廃絶を強く思います。
悲惨な戦争を2度とくり返さないためにも、後世に伝え、また一人一人が考えていく大切さを思います。しかし今も世界では争いがくりひろげられ、人が死んでいます。
愚かで罪深いのが人間の本性です
[PR]
by keikonowak | 2009-08-16 02:20
c0193425_23141143.jpg

私の友人亀岡亜希子さん(絵本作家)が、お友達の中田えみさん(ぬいぐるみ作家)と一緒に
2人展「ふたつの世界展」を開いています。(8月1日(土)~9日(日)) 今日行ってきました。
場所はcafe松風窗(しょうふうそう)(西武池袋線江古田駅の近く)、
コーヒー・ケーキなどをいただきながら、作品を見ることができます。
絵とぬいぐるみ・・ふたつの世界はそれぞれですが、
                        確かに同じ風が吹いています。
だからこそ2人は「一緒に展示を・・・・」とずっと思っていたんでしょうね。今回それが実現。

亀ちゃんは、このブログでも以前紹介したミュウミュウのママ、
パステルを使ったとてもやわらかい絵を画き、今まで何冊も絵本を出版されています。
中田えみさんのぬいぐるみは「アンポンターンズ」という名前で、とてもかわいいです。
「和みの使者」・・実物を見て、納得しました。
c0193425_23355972.jpg
詳しいことは、私のブログの左にある
エキサイトブログのHallelujah Diary
(亀ちゃんのブログ)をクリックしてください。
詳細が載っています。(お店の地図・時間なども)

お店の入口がわかりにくいです。
江古田銀座商店街を入り、美容院の2階。
レトロ調のお洒落な雰囲気。
コーヒーはネルドリップの本格派、
またフレンチトーストもおいしかったです。

江古田は知っているようで、まだまだ知らないお店があります。
[PR]
by keikonowak | 2009-08-06 00:17

ひまわりと富士山

c0193425_22295528.jpg

今日から8月・・・夏の写真を何か撮りたいのですが、撮れそうもありません。
それで友人(沼津在住のFさん)から送ってもらった写真を使わせて頂きました。
Fさん、ありがとうございます!・・カメラの腕前はプロに近い!と私は思っています。

富士山は私にとってとても懐かしいです。
Fさんはこの写真を忍野(おしの・山梨県)から撮ったそうで、
絵葉書にしてもいいくらいの素晴らしい出来栄えです。

ひまわりは夏を代表する花、太陽に向かい輝いています。
よく明るい女性をひまわりのような人と形容します。

ひまわりを見るたびに、裾野に住んでいた友人Nさんを思い出します。
いつも元気で明るく、いろいろな活動をされていました。
私は年下の彼女から励まされ、元気をもらいました。
しかし病に倒れ、ご主人と2人の子供さんを残し亡くなられました。
もう15年経ちます。
ひょんなことから、Nさんの義理の妹さんUさんと友達になり、
今も交流が続いています。
[PR]
by keikonowak | 2009-08-01 23:33