筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミシガンより

c0193425_321698.jpg
23日(水)よりデトロイト(ミシガン)
来ています。主な目的は、昨年10月
に夫の妹夫婦がボートの事故で
亡くなり、その散骨式のため。
(お葬式は亡くなった直後に教会で
行われました)アメリカでは棺を
埋葬するのが普通ですが、時には
火葬し散骨することもあるそうです。

毎年夏休みにデトロイトに来ると必ず
訪れた義妹の家。家の前のこの湖
c0193425_5543464.jpg
(五大湖のヒューロン湖とエリー湖の
間にある小さい湖)
の見慣れた風景は何事もなかったかのように静かでした。
親戚、ごく親しい友人など全部で40人
位の人が集まり、牧師の司式のもと
散骨式が行われました。

その前日は親戚の結婚式
散骨も結婚式も一緒にやってしまう
ところが、アメリカ人らしい。c0193425_3292481.jpg
70~80人の参加者。アメリカの典型的な結婚パーティで、スピーチなどなく、皆で食事しながら談笑。とにかく話すことが好きなアメリカ人。

食事が終わる頃、ダンスパーティに。新郎新婦はとてもダンスが上手。
ある年配のご夫婦もとても上手で
後で聞いたら、最近二人でダンス
のレッスンを受けているとの事。

アメリカはカップル社会と、つくづく
思いました。年を取ったら夫婦で一緒に楽しめるもの習うんですね。
今回私は着物を着ていたので、踊れませんでした。(服でも踊れない私です)
夫はアメリカ人なのにダンスがダメ。私達もダンスのレッスンを受けた方がいいかもしれません。

着物は5年前に着物リサイクルで買った物、私の年にしてはかなり派手なピンク地の花柄
着物はいろいろな格式があり面倒。日本ならたぶん批判されるでしょうが、ここはアメリカ。
慣れないので悪戦苦闘、やっと何とか着ましたが・・・・、泣きたい気持ちでした。
最後は「アメリカなら着方が多少変でも、誰もわからないだろう」と。
慣れるためには着る機会を作らなくては、とつくづく思いました。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-29 06:01
筆子ー常盤貴子から、天地人をほぼ毎週見ています。
とうとう関ヶ原の戦い・・・直江兼続が送った直江状を読んだ家康が激怒し、
会津の上杉軍を総攻撃しようとしたのが発端だったとは、知りませんでした。

家康を迎え討つ準備をする上杉軍。そこには「愛」と「義」の旗印が燦然と輝いていました。
毛利輝元を総大将とする西軍が結集したため、家康は会津征伐をやめ、引き返そうと。
今が好機と、家康の背後を攻めようと進言する家臣たちを、
     上杉景勝は「敵を背後から攻めるのは義にそむく心」と諌め、
       上杉謙信伝来の「義」を貫きます。

今夜の放送で一日で天下分け目の戦いは決着がついてしまいました。その数年後、
徳川家による長期安定政権の基盤が確立し、260年以上続く平和な日本が生まれました。

歴史に「もしも」の言葉はありませんが、
      もしもあの時上杉軍が家康を背後から攻めていたら・・・?     
        関ヶ原で小早川秀秋の寝返りがなかったら・・・?

兼続は謙信を師と仰ぎ、利を求める戦国時代において民、義、故郷への愛を貫きました。 
   かぶとに掲げた愛の文字が兼続の思いを語っています。
「天地人」はこの兼続の生き様を通し、現代人に失われつつある
          「日本人の愛と義」を描いています。

最近の若い俳優をほとんど知らなかった私ですが、妻夫木聡(兼続)と
   小栗旬(石田三成)の顔と名前を覚えました。 2人とも素敵な俳優ですね。
私の友人Tさんは、小栗旬がまだ有名になる前(高校生の頃)、取材で会ったことがあるそう。
その他大勢の生徒役の中で、芝居心のある彼の演技はひときわ光っていたそうです

戦国時代はキリシタン大名なども出た時代。以前読んだ三浦綾子の「細川ガラシャ夫人」
戦国の世にあって、愛と信仰に殉じたガラシャの生き方をもう一度読み返してみたいです。

また「愛」と「義」はキリスト教の本質であり、十字架こそ神様の「愛」と「義」のあらわれ
大昔から現代に至るまでどんな時代においても、
        また全ての人類にとって最も大切な「愛」と「義」。 
戦国時代の直江兼続の生き方を通しても教えられます。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-20 23:50

レモンパイと慕情

c0193425_23282056.jpg
先日(9月6日)は夫の亡くなった父の誕生日。
義父はポーランド系移民の子として、
デトロイトで生まれました。(1922~1977年)
日本では亡くなった人の命日を大事にしますが、
アメリカでは誕生日の方をよく覚えています。

6日の晩は、義父の好きだった音楽慕情
聴きながら、やはり義父が好きだった
レモンパイを食べ、私の母も一緒に3人で、夫の父を偲びました。

夫の母は昔は毎年9月6日にはレモンパイを焼いて
家族皆でお父さんの誕生日を祝ったそうです。
「慕情」は1955年のアメリカ映画、香港が舞台の不朽のラブストーリー。
原題は  Love is a many splendored thing 
       (恋は素晴らしきもの)
 
また主題曲も映画音楽史上の名作といわれ、私もその曲は記憶があります。
ナット・キング・コール(Nat King Cole) のCDがあったので、
私は会ったことがない義父を想像しながら、その美しいメロディー・歌声を聴きました。

バックに置いたのは、我が家で使っているプレイスマット(ランチョマット)。
義父は1945年終戦直後、このサンフランシスコから船で日本に向かい、
進駐軍として1年ちょっと横浜に駐留。当時義父が働いていたビルは横浜中央電話局、
その後NTT、今は横浜資料記念館になっています。

1947年に帰国、故郷デトロイトに戻り、夫の母と出会い結婚。
4人の子供の父親として、家族を大切にした一生だったそうです。

私はレモンパイを今回買いましたが、来年は焼くのを挑戦してみたいです。
夫のすぐ下の妹が、3年前に日本に遊びに来た時、我が家でレモンパイを
あっという間に作ってくれました。やはりお母さん仕込みだったと思います。
慣れない台所でケーキを焼くなんて・・と私は感心しました。
その手際のよさと、おいしかったことはよく覚えています。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-13 00:53
9月5日(土)、武蔵野音大での公開講座(練馬区教育委員会共催)
「フランツ・リスト、そしてロマン派音楽の世界へ」
に参加・・・・講演者は福田弥先生(リスト研究家)

私は趣味でピアノをちょっと習っているだけで、リスト(1811~86)について
・・・「ラ・カンパネラ」「愛の夢」の作曲者
で、
ピアノの魔術師と呼ばれる超技巧派のピアニストというくらいの知識でした。
今回いろいろなことを教えてもらい、あっという間の2時間でした。

リストが生きた時代は貴族社会から市民社会に変ろうとしていた時。
それまでの演奏会は貴族のサロン中心で、社交場の一つでした。
リストが超技巧的な曲を演奏したのには理由が。
その社交場に集まった人々を技巧で圧倒させ、観客の注目を音楽に集中させるために、
そのような曲を演奏したそうです。それで失神した女性も多かったとか・・・・。

芸術家とはその才能を、社会のために使うことが大切という意見、
人々を音楽によって救済するという芸術家としての使命感をもち、
またカトリックの聖職者となったことなども、今回初めて知りました。
生きていた時はヨーロッパ音楽界に君臨していたリストですが、亡くなってからは
時代が変り、否定的(あまりにも技巧的で音楽的には中身がうすい)に思われていました。

芸術家の評価は時代によって違いますが、名曲はいつまでも残っています。
カンパネラはイタリア語で「鐘」の意味。高音が鐘の音のように響く美しい旋律。
もとはパガニーニがバイオリン用に作曲したものを、リストがピアノ用に編曲したもの。

私が初めてこの曲を聴いたのはたまたまNHKTVの名曲アルバム。
ヨーロッパののどかな田園地帯に教会があり、そこを背景にこの曲が流れていました。
旋律を聴くや否や、その前に釘付けになってしまったのをよく覚えています。
その数年後フジコ・へミングがブームに。私は彼女のラ・カンパネラが大好きです。
辻井伸行のラ・カンパネラをまだ聴いていませんが、聴きたいです。

曲の時代背景・その作曲家の生涯などがわかると、また違った気持ちで聴くことができます。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-09 00:21

9月のお昼の集い

c0193425_9262438.jpg

私がボランティアをしている高齢者のためのお昼の集いです。(9月3日)
ぶどう豆(大豆の甘煮)
和風ハンバーグ なすの重ね焼 あんかけ ・ いんげん添え
こぶのやわらか煮 さつま揚げ入り
さんまの塩焼き ・ モロヘイヤのポン酢しょうゆ ・ みょうがの甘酢漬け
これに 御飯と みそ汁(車麩と根三つ葉)です。
ハンバーグは高齢者のために小さめ、なすと重ね焼、あんかけで和風にしてあります。
さんまは3枚におろし食べやすくなっていて、今の時期、脂がのっています。

初めて知ったぶどう豆という言葉・・大豆を甘く煮たものの総称だそうです。
圧力鍋だと形が崩れてしまうので、一晩水につけた後、3時間、お砂糖を加えさらに1時間煮たそうです。見た目もぶどうの房のようにふっくら つやつやし、またとてもおいしかったです。

2年前私が初めてフランスに行った時、夫の親せきの家(マルセーユ)に1週間泊まりました。
夕食後チーズが毎晩出て、それもいろいろな種類のが。
スーパーのチーズ売り場はとても広く、さまざまな種類のチーズが並んでいました。
フランスチーズの国とつくづく思いました。
それでは日本は??・・・大豆の国だ!とその時思いました。
大豆をもとに、味噌・しょうゆ・豆腐・油揚げ・納豆・・・などさまざま。
人間は昔から自分達の風土に合わせて、食べることに関しいろいろ工夫してきたことがわかります。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-05 10:22
東京の恵比寿で毎週日曜と月曜
「ハーベストフォーラム」が開かれている。
中川健一牧師(ハーベスト・タイム・ミニストリーズ主催)が、
旧約聖書の創世記から毎週説教をされている。

昨日(30日)は衆議院選挙・・・自民党が大敗し、民主党が第一党に。
日本は今、政権交代を目の前にしている。
時代の転換期に立つ私たちが何に注目したらいいかを教えられた。

今日の説教は創世記46章から
     ・・・ヤコブが一族郎党を引き連れてエジプトに移住。
エジプト移住はイスラエル民族にとって歴史の歯車が回る瞬間であった。
この聖書箇所から、政治が変ろうとしている時代の転換期に立つ私たちが
何に注目したらいいかを、中川師は聖書を通して語られた。

大切な3つのポイント ①決断力  ②本気力  ③洞察力

政権が変っただけでは安心してはいけない。
日本がこれからどう変るか、どこへ進んでいくかを、
国民としてしっかり見ていかなければならない。
洞察力を働かせ。
聖書は遠い昔のことが書かれているように思うが、内容は今の時代にまさに通じている。
[PR]
by keikonowak | 2009-09-01 00:00