筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0193425_2034482.jpg25日、渋川(群馬)に住むアメリカ人宣教師宅での
クリスマスディナーに呼ばれました。我が家でも時々ターキーを焼きますが、アメリカ人のお宅でのターキーディナーは私にとって初めて。これぞ正統?

ターキーの他に・・・スタッフィング(詰め物)・マッシュ
ポテト・マッシュスクウォッシュ(カボチャをつぶしたもの)
・グリーンピース・コーン・カッテージチーズ・きゅうりの
ピクルス・クランベリーソース・手作りアップルソース
コーンブレッド・オートミールマフィン(?)
我が家に比べ、かなり豪華。ターキーも9キロ強だそうで
(写真にはありません)、先月の我が家の2、5倍!!

c0193425_2040344.jpg飯山(長野)・松本・軽井沢・大袋(埼玉)から宣教師達が集まりました。国もアメリカ人の他にニュージーランド・ドイツ人、日本人も。全部で15人位。
食後、ハンドベルを教えてもらい、皆真剣そのもの。「きよしこの夜」「もろ人こぞりて」を何とか・・・。
あとゲームをしたり、何人かが得意の楽器を演奏してくれ、とても楽しかったです。
デザートは・・パンプキンパイ・アップルパイ・ストロベc0193425_20434254.jpgリーシフォンパイ(写真で見えるのはパンプキンだけ)

夫は子供の頃のクリスマスはいつも親せきの人が集まり、プレゼント・
ご馳走・ゲーム・楽器演奏と今日と同じだったと、とても懐かしそうでした。
一年で一番楽しい行事だったそうで、私達のお正月と同じだったんですね。

渋川へは高速バスを初めて利用。練馬から2時間弱で2000円。帰りは切符が取れず、電車で3時間かかりました。私はすっかりバスファンに。
24日の光が丘キャロリングは11人参加で無事終了。足を止めてくれる人も結構いました。ケーキ・チキンを食べる日ではなく、クリスマスの本当の意味がわかってくれれば・・・と思いながら歌いました。今年が2回目、光が丘でキャロリングをする意義が十分あると思いました。・・・クリスマス行事が終わり、ほっとしています。
[PR]
by keikonowak | 2009-12-26 23:28

クリスマスの飾りつけ

c0193425_2234914.jpg12月に入るとデパートなど店のあちこちで大きなクリスマスツリーが見られます。我が家も先週やっと
飾りました。といってもかわいい物です。
この小さなツリーはアメリカ人にとって赤ちゃん
みたいな物・・・と私は思っていたら、夫が言う
には、うちのは本当のクリスマスツリーでは
ないそうです。
下の写真はアメリカの妹から送られてきた写真で、
ツリーが天井近くまで!(このサイズが普通)
この時期以外に保管する場所も十分あります。

我家のはその妹が20年前に夫に送ってくれた物で
すが、アメリカではあまり見ないサイズだそうです。
日本の部屋に合わせ、やっと小さい物を見つけた
と思います。
我家ではこれが精一杯。いろいろな物を寄せ集め、
毎年こんな風に飾っています。
ライトもありませんが、飾ると部屋が何となく華やぎます。
c0193425_22463639.jpg
教会でもクリスマス行事が多く、いろいろ忙しい毎日
です。昨日の礼拝で共にイエスキリストの誕生を
お祝いしました。

今週はこれからクリスマスイブ礼拝・・・イブは24日が
本当ですが、うちの教会では祝日の23日夜に。
24日夜は、ここ光が丘でキャロリングをします。
有志(?)で、きよしこの夜・もろびとこぞりて・・など
のクリスマスソング
を買い物客などが行き交う路上で
歌います。
去年初めてやりましたが、歌う人がやや少なく、
ケンタッキーの呼び込みの声がいやに大きく聞こえ
ました。あちらもこの時ぞばかりに!と、声を張り
上げていました。

毎年忙しいクリスマスですが、まずは自分の健康が大切。
風邪もひかず、こうしてクリスマスを迎えられることも感謝です。
[PR]
by keikonowak | 2009-12-21 23:06

私は歴女だった?

初めて直江兼続の名前を知った「天地人」の最終回の録画を友達に頼み、夕べ見ました。
新潟出身の友達に聞いたところ、上杉謙信は有名だけど兼続は知られていないそう。
米沢出身の友達の話では、財政困難な藩を立て直した君主上杉鷹山(ようざん)は有名で
人気があるけれど、兼続のことは知らなかったそうです。

会津120万石から米沢30万石に減移封され、財政難の原因を作ったのは兼続なので、
仕方ないかもしれません。しかし戦国時代に一貫して愛と義を貫き、関ヶ原合戦後、
民を守り上杉家を存続させるために徳川家を相手に交渉し成功させた兼続。
例え米沢藩が窮地に陥っても彼の生き方は凛とし、清々しいです。だからこそ今回主人公に。
番組でも死期の迫った徳川家康が兼続に二代将軍秀忠に愛と義を伝授してほしいと頼みます。
c0193425_2330061.jpg
晩年兼続は米沢藩士の子弟のために学問所禅林文を建て、それは上杉鷹山が建てた学問所興譲館(こうじょうかん)に受け継がれました。
写真は米沢出身の友達が送ってくれたもの。米沢は今年は
直江兼続ブームで、今もまだ駅にこの兼続がいるそうです。
彼女は愛の兜の実物も見たそうです。

米沢にある菩提寺には兼続とお船のお墓が2つ並び、夫と
妻が共に同じ大きさの墓となっているのは当時として珍しいとのこと。兼続夫妻が仲睦まじかったことがわかります。

「歴女」と言う言葉が、今年の流行語大賞のベストテンに入ったそうです。私も歴女だった??
子供の頃から変っていて、源平に始まり義経、戦国時代、また忠臣蔵なども好きでした。内容がよくわからないのに、太閤記・徳川家康なども読んだり、四十七士の名前を覚えたり・・・。
そんな自分を長い間忘れていましたが、「天地人」で昔の自分を思い出し懐かしくなりました。

歴史上、名前が埋もれていても偉大な人がたくさんいて、そのような人を発掘し
光を当てることは素晴らしいと思います。
石井筆子もその一人。ご主人の石井亮一は社会福祉家としてその業績が残っていますが、
奥さんの筆子はほとんど知られていませんでした。
滝乃川学園で天使のピアノが発見され、それから筆子に初めて光が・・・。

先週土曜日、沼津から友達が「筆子その愛」を見に来てくれました。
中野で一緒に見て、それから滝乃川学園に足を伸ばしました。
しかし雨でまたとても寒く、早々に帰りました。
いつか見学を正式に申し込み、見せてもらいたいと思います。
[PR]
by keikonowak | 2009-12-10 23:59

12月のお昼の集い

c0193425_23122737.jpg
私がボランティアをしている「高齢者のためのお昼の集い」です。(12月3日)
*シチュー(ビーフストロガノフ風)
*ボイル野菜・・じゃがいも・にんじん・ブロッコリー
*秋鮭のパン粉焼・ブロッコリー添え(玉ねぎ・エリンギ・マヨネーズ・チーズ)
*焼き野菜・・パプリカ・エリンギ・にんじん・かぼちゃ
    2つの小さいホイルは黒こしょう塩とオリーブオイル
*大根の洋風煮(ワイン煮)
  これに御飯がつきました。

ビーフストロガノフ風シチューは、牛肉がとてもやわらかかったです。
大きい塊を買い、切ったそうです。生クリーム・ヨーグルトも入り、栄養満点。
大根は和食だとばかり思っていましたが、
    今回はワイン煮、またシナモンも入り、洋風の味に。
Sさんがあるホテルで食事し、この大根の洋風煮が出て、早速取り入れたそうです。

Sさんは定年後、調理師免許を取られたそうで、それを仕事にはせず、
ボランティアとして活用されています。その後フードコーディネーターの資格も。

食べ歩きも、味の探求(!?)という目的があり、すぐに自分で試されているよう。
本当にお料理が好きなのがわかります。
   そして私たちもおいしいものを頂け、幸せです。

今日も10人ぐらいの人が集まりました。
都会のマンションでは、住人同士が知り合う機会は非常に少ないです。
しかし皆さんと毎月一緒に食事することにより 親しくなれるのも、Sさんのおかげです。
[PR]
by keikonowak | 2009-12-03 23:43
早12月、カレンダーも最後の一枚になりました。
この映画が封切りになって、ちょうど丸3年。
こんなに長く上映され続けている映画も珍しいです。
私自身10回観ています。なかの小劇場も、松沢資料館も覚えています。
5日(土)は中野に行き、その後滝乃川学園に行ってみようと思っています。初めてです。
報告できたらと思います。
12月上映予定・・・
12月5日(土) 9:45~11:45 
         なかの芸能小劇場
 
                      JR「中野駅」北口徒歩5分 スマイルなかの2階

12月8日(火) 16:30~18:30
         渋谷アップリンク ファクトリー

                      渋谷駅徒歩9分 宇田川町37-18 トツネビル
       「きょうされんつながり映画祭」 専用チケットが必要です

12月12日(土) 14:00~16:00 
       賀川豊彦記念 松沢資料館 

                      礼拝堂 京王線「上北沢駅」徒歩5分

12月18日(金) 14:00~16:00 
       なかの芸能小劇場 

                     JR「中野駅」北口徒歩5分 スマイルなかの2階

12月19日(土) 14:00~16:00
        賀川豊彦記念 松沢資料館

                        礼拝堂 京王線「上北沢駅」徒歩5分

 @@ なかの・松沢記念館上映・・山田火砂子監督の舞台挨拶の予定があります
 @@ 当日券1000円(前売り券800円)
     渋谷上映・・専用チケットが必要 
   問合せ:現代ぷろだくしょん 電話 03-5380-9871                                    
[PR]
by keikonowak | 2009-12-02 22:19