筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0193425_22383634.jpg私がボランティアをしている高齢者のお昼の集いです。

*ミートコロッケ カレー風味
*ノルウェー産サーモングラタン
玉ねぎ・エリンギ・カリフラワー入り

*蒸しかぼちゃ
*焼きパプリカ・焼きナスのマリネ
 ズッキーニ

*トマトスープ
 (ワカメ・おかひじき入り)

*デザート(ニンジンゼリー)

c0193425_22593538.jpg秋鮭は産卵後で油があまりのっていないので、このように
グラタンにした方が
  おいしいそうです。
ニンジンゼリー は
最近このお昼の集いにボランティア
として参加されているIさんの
差し入れです。食後のデザートと
してちょうどいい量です。

下の写真は 翌日Sさんに頂いた
ミートパイです。
余ったミートコロッケで作られたそうです。このようなアイデア、なかなか浮かびません。

私のホームヘルパー2級講座も学内実習は終わり、これから実際の現場(デイサービスと
老人ホーム)に実習に行きます。訪問介護では利用者宅に行き、食事を作る場合もあります。
決められた時間でどんなものが作れるかわからないし、好みも人によって違うし・・・・。
それを考えると気が重いです。でも食べることは大切です。
私達が毎月のこのお昼の集いを楽しみにしているのはおいしいものを食べたい・・・と
いう人間本来の欲求があるからだと思います。

ホームヘルパーの仕事は、以前考えていたものよりはるかに幅の広い奥の深いものだとわかりました。
[PR]
by keikonowak | 2010-10-31 23:33
先週木曜(7日)、私が以前(2009年10月)ブログで紹介した
ナレーターの中村啓子さんの講演と食事会が日野キリスト教会でありました。
三浦綾子の「塩狩峠」「道ありき」に続き「氷点」のCDを製作で、ほぼ完成だそうです。
啓子さんはクリスチャンになって17年だそうで、どうしてクリスチャンになったか、
またこの「氷点」の朗読も交えながら、愛と赦しについても話されました。

最後にある詩を朗読されました。・・最後だとわかっていたなら
アメリカ人のノーマ コーネット マレック という女性が、わが子を亡くした時に書いたものです。
それをアメリカ同時多発テロが起きた時、救助のために亡くなったレスキュー隊員が
書き残したものとしてチェーンメールで勝手に流されてしまったそうです。
歌にもなり御存知の方も多いと思いますが、ここに載せます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   最後だとわかっていたなら
   作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦
あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」とわたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは 今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら 今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を 伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても あなたは今日を後悔しないだろうから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神様から与えられた一日一日を大切にし、
  私の回りの大切な人たちのことをいつも忘れないようにしよう・・・・
   そんなことを考えさせられました。





 
[PR]
by keikonowak | 2010-10-19 00:52

オムツ体験

ホームヘルパー2級の資格を取るため、
      9月中旬より学校に通い始めました。
友人たちも実際にヘルパーとして働いている人、今働いていなくても
実は資格を持っているという人がかなりいます。
私の場合は今はそれほど必要ないけれど、母の介護に役立つのでは、
また仕事があったらやってみたい・・・と思っています。

でも実際に勉強し始めると、この仕事の大変さがよくわかりました。
今まで学校内での実習で、寝ている人を起き上がらせたり、向きを変えたり、
  ベッドメーキング、入浴介助、寝たままのシャンプー
などを実習しました。
まだ前半を終えただけで、後半もあります。
その後は実際の施設に行っての実習があります。

先週紙オムツを各自もらい、家で自分で実際に当てて排尿し、
最低30分はそのままでいるように、そしてどんな感じがしたか・・・というのが、宿題でした。

何とも言葉では言い表せない気持ち。
もっと不快感がするかと思いましたが、尿量が少なかったためか、
   それほどではありませんでした。
でも情けない・恥ずかしい気持ちがし、利用者さんの気持ちがある程度理解できました。
いつか私だってお世話になるかもしれません。

ヘルパーの仕事をすると、腰を痛めると、よく聞きます。
介護者は腰に負担がかかることは確かです。
何かする時、とにかく足を広げ重心を低く
   ・・・何回も言われました。
10年ほど前にひどいぎっくり腰をしたことがあるので、それ以来、気をつけていますが、
忘れがちです。改めて気をつけなければ、と思います。
風邪を引いても、うつしてはいけないので、こちらの健康管理が大切なこともわかりました。
[PR]
by keikonowak | 2010-10-07 22:32