筆子の愛を伝えていきたいです


by keikonowak

ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」

昨日「1/4の奇跡~本当のことだから~」を見ました。
石川県の養護学校(現、特別支援学校)の先生山元加津子さん(通称:かっこちゃん)と、
子ども達との交流を描いたドキュメンタリー映画です。
c0193425_16575584.jpg
映画を撮ったのは入江富美子さん(主婦・2児の母)。ありのままの自分で生きていこうと決め、突然感謝があふれ出し、この感動を映画にしようと決心。その後かっこちゃんと出会い、かっこちゃんに流れる大きな力を通して、この思いを描きたいと思い、家庭用ビデオで撮影を始め、1年がかりでこの作品を完成させました。

かっこちゃんは子ども達から 「生きるって素敵なことだよ」 「大好きってことがとっても大事なんだよ」ということを伝えてくれる子ども達の素敵な力を伝えたい・・・そんな思いで本を書き、講演活動を続けています。
詩を通し、自分を大切にすることを伝えてくれる障害を持つ大ちゃん・・・
   大ちゃんが作った詩:
僕が生まれたのには理由がある  生まれるってことには   みんな理由がある
多発性硬化症で亡くなった友達雪絵ちゃんから 「病気や障害ってとっても大事で、人間はみんな違って、みんなが大事ということも科学的に証明されているって、言ったよね。それを世界中の人が当たり前に知っている世の中に、かっこちゃんがして」と、かっこちゃんは頼まれました。
雪絵ちゃんとの約束を果たすために、かっこちゃんは本を書き、いろいろな所で講演をしています。今や二人だけの願いではなく、多くの人たちの願いとなり、広がり続けています。

「1/4」の意味・・・アフリカのある村でマラリアが大発生、村人たちが次々に死に、村は絶滅かと思われた中、マラリアに絶対にかからない人たちがいました。その人たちの赤血球は、実は、
鎌状赤血球という草を刈る鎌のような形。その村の1/4の、鎌状赤血球をもち、呼吸困難などの障害を持つ人がいたおかげで、その村は救われたのです。
私たちが今元気に生きていられるのは、過去に病気や障害をもち、苦しい生活を送ってきた人たちのおかげで、今も、未来の子孫のために病気や障害を背負ってくれている人がたくさんいる。そういう人を私たちは支えていかなければならない。みんなそれぞれ役割があって生まれてきた。みんなが必要で大切な存在・・・。

鎌状赤血球・・私が(遠い昔)検査技師学校で勉強した時見た血液標本・・赤血球は丸いもの、と思っていたのに、三日月のような形の赤血球、とても奇妙な形でびっくりしたことを覚えています。今思うと、そのような赤血球でもやはり大きな意味があったのです。人間にはわからないことでも、神様には全てちゃんと計画があり、みんなが大切な存在だと思います。
「筆子その愛」以来、新聞などで「障害」の文字が目に飛び込んできます。それでこんな素晴らしい作品にも出会えました。下北沢にある「トリウッド」というシアターで、今月いっぱいまで上映しています。インターネットからの写真入の詳しい地図を見ながら探していたら・・・途中カレーのとってもいいにおいが!地図を見ると「カレーパンで有名なパン屋さん」とあるではないか。私の鼻もすごい!絶対に帰りに買おう!でも映画に感動し、買うのをすっかり忘れて駅に着いてしまいました。残念!
[PR]
by keikonowak | 2009-03-20 22:01